低身長も美容外科で改善できる!?低身長外来とは!?

Posted on 23/02/2017 By

低身長も美容外科で改善する事が出来る時代となっていますが、まだそこまで知られていませんが、最近では、低身長外来という専門的な改善を行う事が出来るクリニックなども増えています。今回は低身長外来について詳しく紹介します。
身長の悩みについては、本当に深刻な悩みとなってしまう場合も多くあります。低身長の原因としては、成長ホルモンが正常に分泌されていない状態で起こしてしまいます。
また、成長ホルモンが正常に分泌されても、その下流にある肝臓で起こるイベントの問題によりIGF-1の分泌が不足して低身長となる事が多いと言われています。骨の成長に直接作用するのは成長ホルモンではなく、IGF-1なのです。
他にも、内分泌疾患や紫色体異常、骨軟骨の異常、奇形症候群、心理社会的原因、体質的などという原因があります。
そこで、ホルモン治療を行うのですが、効果を期待する事が出来るのは、3歳ごろから思春期です。20歳を超えると手術以外の治療法はないと言われていますので、早めに治療を行う事がお勧めできます。
思春期の治療についてですが、性ホルモンは骨の成熟を促します。骨の成熟を簡単に説明すると伸びる弾力性のある子供の骨を固く強い骨に変える働きがあるのです。この時期は骨の成分自体も変化します。成長ホルモンは期待するほどの効果はないと言われていて、逆に治療効果が見えないと言う点では、子供のストレスが伏せてしまい、悩みも深刻になってしまう場合もあります。
実際に、身長の悩みは、小さい頃からきちんと向き合って治療していく必要があり、最近では、新生児から定期的に検査を行うようになっていますので、その間に不安なことなどを聞くことが出来るのできちんと相談してみるようにしましょう。
実際に、きちんと検診を受けることにより、母子手帳などに記入するようになっていて、年齢に応じて平均的なことが詳しくわかるようになっていますので、自分の子供について不安や疑問などがある場合には、その平均と比較して理解することが出来るようになっています。
成長ホルモンの効果ですが、治療を初めて1年程度で効果を実感するようになり、治療を行わずに過ごすよりも健やかに成長していきます。成長ホルモンは骨だけでなく、筋肉の成長も促進して、脂肪を分解する作用も持っています。治療をやめることにより、食欲が増して、体脂肪が減る効果もあります。
小学生に入って、チビなどと言われると悔しい思いをしてしまうという経験をしている人も多く、それなりに悩んでいるけど、人には相談できないという親も多いと思います。
早めに気が付いた時点で治療を始めることにより、悩みなどを抱えることなく治療できますし、日本では小児低身長に対するホルモン治療は一部疾患に対して保険が出来ようされることもあります。
始める前に、クリニックでカウンセリングなどもきちんと行ってくれますので、悩んでいる人は、まず、相談に足を運んでみるのもよいと思います。親も悩みますが、学校などへ通うようになると子供の悩みにもなってしまいますので、そうならない環境を作ってあげるようにしましょう。

美容整形