レーザートーニングを受けようか迷っています。

Posted on 11/12/2017 By

レーザートレーニングを受けようと待っているという人が多くなっています。レーザートレーニングでどんな施術法となっているのでしょうか。詳しく知ることにより迷いをなくして決断する事が出来ると思います。今回は、レーザートレーニングについて詳しく紹介していきます。

レーザートレーニングをお勧めできる人は、シミや肝斑の悩みを抱えている人にお勧めできます。日焼けや紫外線の影響やホルモンバランスの乱れ、加齢による肌の老化が要因で引き起こしてしまうシミや肝斑の悩みを抱えている人も多いと思います。

何よりも肌の悩みは真剣な悩みとなってしまいますが、そんな方にレーザートレーニングは特にお勧めできます。微弱なパワーで肌にレーザーを当ててメラニンを徐々に減少させていきます。今までのレーザー治療では難しかった肝斑の治療に効くだけでなく、肝斑を含めた色素性の病変を改善する事が可能となっています。

レーザートレーニングとは今までは難しいといわれていきた根深い肝斑の治療を可能にして、微弱なパワーを均一にしながらレーザーを当てることにより、シミや肝斑の原因となるメラノサイトを活性化させずに徐々に薄くすることが出来ます。

また、回数を重ねることにより、シミや肝斑の他にも色素沈着やくすみ、開いた毛穴などの治療を行う事が出来て、さらに継続することにより肌のハリやキメ、潤いを取り戻す事が出来ます。レーザートレーニングの波長は長く、皮膚の奥深くにまで照射されたレーザー光が届くことにより、コラーゲンを生成する事が出来て、美肌効果を期待する事が出来ます。

併用もお勧め出来て、内服薬、外用薬により更に効果を期待する事が可能となっていて、美白に大変良いといわれているビタミンCとメラニンをつくり出すメラノサイトの活性化を防いで肝斑やシミの悪化を防ぐトラネキサム酸の服用をレーザートレーニング治療と一緒に行う事により美白成分の相乗効果でより美しさを実感する事が出来ます。

レーザートレーニングは回数は決まっていないので、受ければ受けるほど肌の状態を改善してよくする事が出来ます。しかし、治療間隔は適切な期間が必要になっているのでカウンセリング時に肌の状態を見てもらって決めるようにしましょう。

レーザートレーニング治療の流れですが、カウンセリングを行っていきます。医師とのカウンセリングで顔のシミや肝斑を確認して、肝斑の状態によりまずはトラネキサム酸の内服や肌のケアの指導から始める場合もあります。

それから、照射しますが、気になるしみや肝斑にレーザーを照射します。治療時間については約5分から30分程度となっています。治療後はすぐにメイクが可能となっていて、内出血がみられることもありますが、メイクでカバーする事が出来る程度となっています。

実際に美肌を目指したいと考えている人も多いと思いますが、その中で素敵な自信のある肌を手に入れる事が出来る肌を目指す事が可能となっています。シミの悩みなどについては、あきらめているという人も多いと思いますが、あきらめる必要はなく、キレイな自分を目指す事が出来ます。

また、初回はお試し価格で行うことが可能となっていますので、迷っている人はぜひ一度受けることにより、自分の肌の状態を確信して続けるかどうか決める事が出来るようになっていますので、何よりも一歩を踏み出してみるようにしましょう。

美容整形