インプラントはやるべきか!?メリットとデメリット

Posted on 23/02/2017 By

インプラントについてですが、インプラントにはメリットとデメリットがあります。今回は、インプラントについて詳しく紹介していきますので参考にしてみてくださいね。
インプラント治療は、歯周病や外傷などにより歯を失ってしまった場合、その機能を補うために有効な処置の一つになっています。治療法としては、失ってしまった自分の歯の変わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込んでその上に人工の歯をかぶせていき噛み合わせを回復させる方法となっています。
今までは、ブリッジや入れ歯などの残っている歯に力や機能を分担をしてもらう方法が一般的となっていましたが、インプラント治療は固定性があり、自分の歯でカで噛めるように回復して、見た目も元の健康な歯に近くなります。
インプラン治療は、専用のドリルを使って歯槽骨に穴をあけて、そこに人工歯根を埋め込んで、その上にセラミックでできた人工の歯を装着させる方法となっています。
メリットとしては、顎の骨にしっかり固定する事が出来るので、違和感を噛んいることなく噛むことが出来て、噛む力を回復する事も可能で、固いものを噛むことが出来るようになります。隣の歯を削る必要がないし、見た目が元の健康な歯に近くなります。よく噛めるようになると全身的も周囲の健康な歯にもよい影響となります。
金属を使用せず自然な仕上りで、抜けたところへインプラントを植え込むので、自分の歯のように噛むことが出来ます。抜けた歯の両隣を削るブリッジ治療など健全な歯を削るような治療方法は嫌という人にはインプラントはおすすめできますし、実際に、歯の悩みで何でも食べる事が出来ないと感じていたり、固いものを避けているという人にはおすすめできる方法でもあります。
デメリットとしては、インプラントを顎の骨に埋め入れる手術が必要で、全身の疾患などがある場合には、治療が出来ない場合もあります。インプラントを維持する為には、十分な口腔衛生の管理と定期的な検診も必要となってきます。
更にインプラントは保険適用外なので自由診療となっていて、手術の難易度、埋め込め本数などにより必要な費用が算定されるようになっています。
インプラントは外科手術となっているので単純な虫歯の治療とは違います。外科手術は少なくても1回~2回は受ける必要があり、患者さんの状態などにより、インプラントの種類なども違い、回数も違ってくるのです。外科手術をいうことで、範囲が人がったり、回数が増えたりすることにより、医療事故や合併症などのリスクも高まってしまいます。
保険がきかないので、インプラント治療を行う際の1本の費用としては、300000~400000円で費用負担が大きくなってしまいます。また、インプラントを長持ちさせるために、治療後の定期検診やメンテナンスが必要ですが、その費用も別となります。
治療が長いという事もデメリットとなっていて、口の中の状態で違いますが、短い場合には3ヵ月程度で長くなると1年以上かかってしまう事もあります。

美容整形